婚活スタートガイド
婚活ABC > 婚活スタートガイド > 今考えると最初に会ったあの人が一番良かったような気が・・・

失敗その5 今考えると最初に会ったあの人が一番良かったような気が・・・

いろいろな人とお見合いして来たけど、いい人が現れない。

てゆーか、今考えたら、
婚活を始めた頃に一番最初に会ったあの人が一番良かったような気が・・・

こんな失敗を経験した人って実はいっぱいいます。
最初に会う人が実は一番というのは婚活界の定説となりつつあります。

これから婚活を始める人は、
このことを多少は意識しておいた方がいいでしょう。

婚活は最初に全盛期がやって来る

どうして最初に会う人が一番かというと、
理由は主に3つ考えられます。

・入会バブルでたくさん申し込みが来る
・マッチングでは一番いい人から順番に紹介される
・年齢的に一番若いときに会う人だから

入会する結婚相談所によりますが、
たいていは入会した直後は新会員として目立つ所に載せられたりして、
入会バブルが起きます。

たくさんの申し込みがあるので、
この時期が一番質も量もいい。

紹介だって一番合いそうな人から順番にというパターンが多いです。

さらに自分の市場価値を考えた時も、
やはり入会時が一番若いく最高値で、あとは時間と共に下がる一方。
当然会ってもらえる人のレベルも緩やかに下がっていきます。

せっかくの全盛期を見逃してしまう人々

婚活をスタートした直後に全盛期がやって来ます。
だから一番最初に会う人こそ、一番いい人の可能性が高い。

でもみんなこの全盛期を棒に振ってしまいます。

一番最初に会った人といきなり結婚しようとはなかなか思いませんよね。
やっぱり。

最初に会う人はしょせん今後の基準。
この人を基準にして点数を決めていこう、みたいな感じになります。

本当は最高点の人なのに、
「75点といったところかな」みたいにのん気なことを考えてしまいます。

結婚相談所に入会したばかりなので、
これからいくらでも出会いがあると考えて当然です。
これから80点や90点の人が出てくると思い込んでいるんですね。
本当は最初の人が最高点なのに。

最初の人は大事にしよう

最初に会った人が一番だったと気づくのは、
大分あとになってから。
もうそのときは当然後の祭りです。

最初の人

でもこれから婚活を始める人なら、
こうした先人の苦い経験を活かしていける。

一番最初に会う人は最高点の可能性がある

だからとりあえず仮交際ぐらいはしておいた方がいいです。
無下に切ってしまうと先人たちと同じ黄昏を味わうことになります。

全盛期はいきなりやって来るのです。




婚活でよくある失敗


婚活ABC > 婚活スタートガイド > 今考えると最初に会ったあの人が一番良かったような気が・・・