婚活スタートガイド
婚活ABC > 婚活スタートガイド > 若い相手を希望する

失敗その1 自分の年齢をかえりみず若い相手を希望する

誰だって結婚するなら若い娘がいいに決まってます。
だからつい自分が40代なのに、20代の女性ばかりを狙ってしまう。

婚活ではよくありがちな光景です。

会員検索で勝手に申し込んで、勝手に断られている分には自業自得だけど、
中には担当の仲人さんに20代の娘を紹介しろとしつこくせがむ人もいます。

芸能人などはすごく有名人だったり特別お金を持っていたりするから、
40代と20代のカップルもたまに誕生しますが、
残念ながら結婚相談所ではまず見かけません。

妥当な年齢差というものが存在するので、
それを念頭に置いて婚活に励んだ方がいい結果に結びつきます。

妥当な年齢差

20代の女性は40代の男性とは結婚したがりません。
当たり前の話です。

なのにアラフォー男性でも20代の女性との結婚を希望する。

歳の差婚

10歳以上年下というのはやはり現実的ではありません。
5歳年下あたりが妥当なラインでしょう

でもこれはスペック次第である程度は挽回が可能。
年収と肩書きが凄ければ20代の女性でもお見合いしてくれるかもしれません。
上手くいくかどうかは、やはり人柄で決まります。

女性も5歳ぐらい年上を

女性だってやはり5歳ぐらいの歳の差婚が妥当です。
同年代の男性を希望する人もたまにいますが、
同年代と結婚出来るのは20代までです。

女性の場合、大学生のとき同級生の男の子と付き合ってたとか、
25歳ぐらいのとき同じ年の男性と付き合っていたという経験があり、
例えば35歳になった今でも同年代の男性と結婚出来ると思い込んでいたりします。

でも残酷な話ですが35歳の男性は同年代の女性は選びません。
20代の女性を希望します。
わざわざ高齢出産のリスクを抱えた35歳の女性を選ぶことは、あまりありません。
結婚相談所でも35歳の女性に紹介されるのは40歳前後の男性が多いです。

こうした現実を踏まえて婚活していかないと、
いつまでたってもゴールは見えてきません。




婚活でよくある失敗


婚活ABC > 婚活スタートガイド > 若い相手を希望する