婚活スタートガイド
婚活ABC > 婚活スタートガイド > 結婚相談所の担当アドバイザー使いこなし講座

結婚相談所の担当アドバイザー使いこなし講座

結婚相談所の担当
結婚相談所で結構悩むのが担当者さんのこと。

期待してたほどサポートしてもらえない。
あるいは、ほとんど放置状態。
なんとなく意見が合わない。
希望と違う人ばかり紹介される。
など、不満を感じることも多いです。

担当アドバイザーとの相性はとっても大事。
でも接し方も非常に大事。

担当さんに不満を持ている人の半分以上は、実は接し方がよくないだけだったりします。

結婚相談所の担当アドバイザーとどう付き合っていけばいいのか。
それを詳しく解説していきます。


そもそも結婚相談所はセルフサービス

担当が何もしてくれない。

そう不満を持つ人ってすごく多いですよね。
でも大前提として、結婚相談所は出会いを提供する場であり、
元々ひとりひとりの会員をしっかりサポートしたりはしないんですよね。

とくに最近はネットを活用しますから、
基本的に会員さんには自力で活動してもらうというのが、
どの結婚相談所でも共通の認識。

オーネットやツヴァイなどの大手結婚相談所なんかはまさにそう。
会員数がとにかく多いから、ひとりひとり丁寧にサポートするなんて不可能。

これから入会しようと思っている人は、
まず結婚相談所に対するイメージを少し変えたほうがいいでしょう。
活動は基本的に自力。
でも困ったことがあれば担当アドバイザーが相談に乗ってくれる。

過度な期待は持たないことです。

担当者だって人間

基本的に結婚相談所の担当アドバイザーはあまり面倒を見てくれません。

でも、ほとんど放置されている会員もいれば、
あれやこれやと面倒を見てもらっている会員が存在しているのも事実。

担当さんだって人間です。
入会者を全員平等に扱うなんて出来ません。

興味が湧かない会員や、何もしてあげたくない会員もいれば、
いろいろ世話してあげたいし絶対幸せになって欲しいと感じる会員もいます。

こういう単純なことを見落としている人って多いのではないでしょうか。
結婚相談所のアドバイザーだって感情を持った人間なのです。
感謝されれば嬉しいし、文句を言われれば不愉快になるのです。

結婚相談所に入会される人の中にはもともとコミュニケーション能力が高い人もいて、
そういう人は大抵担当さんと良好な関係を築いてます。
頻繁に連絡してもらったり、一生懸命紹介相手を探してきてもらえたり。

上手くやれば担当アドバイザーは意外と面倒を見てくれるものなんです。
たとえオーネットやツヴァイでも。

要は使いようです。

誰からも愛される人気者に急になれるわけではありませんが、
担当者と仲良くやれている人がいったい何をしているかを学ぶことで、
自分の扱いを変えることは出来ます。

担当者と良好な人間関係を築こう

まず絶対頭に入れておいて欲しいのは、
担当者さんも普通の人間だということ。
褒められれば喜びます。貶されれば不機嫌になります。

それなのに担当者さんに横柄な態度とか取っていませんか?
無愛想にしていませんか?

お見合い相手には笑顔全開で愛想を振りまく人でも、
担当アドバイザーの前ではまったく無表情の人がいます。
担当さんは石で出来ているわけじゃありません。
感情を持った人間です。

味方につけたいなら人間同士の交流を図りましょう。
その第一歩はやはり愛想良く接することです。

きちんと目を見て話しましょう。
笑顔を忘れずに。
担当者の話に相槌だって打ちましょう。

お見合い相手にすべきことを、ちゃんと担当者さんに対してもやりましょう。
こうしたことを手抜きしていたら、担当アドバイザーは何もしてくれなくなります。

やる気を見せよう

ひとりアルバイトを雇うとしたら、どんな人を採用しますか?

当然やる気のある人ですよね。
情熱されあれば大概のことはどうにかなります。

結婚相談所でも求めている会員は同じです。
本当に結婚に向けて頑張る人を求めています。
そしてそういう人は誰だって応援したくなります。

担当者さんにしっかりとやる気を伝えましょう。
無表情の人からはやる気は伝わってきません。
担当さんの前では生き生きとした表情で。

自分は絶対結婚したいんだと、
そのためにはこれから一年間どんな努力でもします。
お力添えをどうかよろしくお願いします。
入会時にこういうことをしっかりと伝えておくこと。

この人は成婚する可能性があると思えば、
担当アドバイザーは結構面倒を見てくれるようになります。
会員が結婚したときの成婚料ってやっぱり大きいですからね。
自分の手柄にもなります。

やる気と可能性を感じさせることが大事です。

自分から働きかける

自分からは何もせずに「担当が何もしてくれない」と嘆いている人がいます。

たくさんの会員を抱えているので、
担当さんの方から会員の様子を確認することはほとんどありません。

質問が来たら答える。
相談を受けたら相談に乗る。
そういうリアクション方式で業務を遂行しています。

担当者から声を掛けてもらえるのを待っていてはいけません。
自分から働きかけないといいサポートなんて絶対受けられません。

わからないことは何でも質問する。
自分から電話して困っていることを相談する。

そういう人に対しては案外真剣に向き合ってくれます。
でも自分から何も言ってこない人には無理に干渉はしません。
手間がかからず楽な会員だなというのが本音でしょう。

サポートを受けるのは会員の正当な権利です。
でもそれは自己申告により有効となります。
待っているだけの受け身な会員には何も与えられません。

アドバイスを受け入れる

担当者がいろいろアドバイスしてるのに、
全然聞き入れようとしない人がいます。

で、どうなるか?

当然サポート対象からはだんだん外れていきます。
担当者は言うだけ馬鹿らしく感じているでしょう。

力量不足で的外れなことを言う担当者もいますが、
向こうはやはりプロです。
大概はまともなアドバイスを言ってくれています。

自分のこだわりだけでそれを突っぱねていませんか?

担当者さんのアドバイスには素直に耳を傾けましょう。
納得いかない部分があったとしも、とりあえず言われたとおりにしてみる。
全面的に受け入れるのが難しいときは半分ぐらい譲歩する。

アドバイスを聞き入れてくれる人には、
さらにいろいろなことを言ってくれるようになります。

人間としては当然の感情ですよね。

感謝を表す

結婚相談所に勤務している人は当然仕事でやっていて、
お金を稼ぐために働いています。

でも会員を結婚へ導きたいという想いだって当然あります。
仕事にやりがいを求めない人なんていませんからね。
その部分をわかってあげてください。

会員から感謝されたり、成婚という結果を出してくれることが、
彼らには何よりの充足感をもたらしてくれます。

担当者さんにはきちんとお礼を言いましょう。
とくに担当者のアドバイスで何かが上手くいったときは、
大袈裟なぐらい喜び、感謝の気持ちを伝えてあげてください。

「いいお店教えてあげるから、次に会うときに連れて行ってあげなよ」
などアドバイスしてもらい、実際に連れて行って相手が喜んでくれたら、
それをちゃんと担当者さんに伝えてあげましょう。

担当者さんもきっと大喜びしてくれます。
こういうこのとの積み重ねが担当アドバイザーとの関係を作っていきます。

コミュニケーション能力の高い人というのは、
こうしたことが当たり前にできています。

でもダメな人は感謝の気持ちとか伝えないんですよね。
本当は教えられたお店がすごく良くて、連れて行った相手も喜んでいたのに、
そのことを担当者さんに言わないものだから、
結局アドバイスは実行しなかったんだなと思ってしまいます。

この会員には手応えが感じられない。
だんだんやる気を失くす。
あとは自力で頑張ってもらおう。

こんなふうに放置街道へまっしぐら。

担当者さんとしてはアドバイスをしたのだから、
結果が気になってます。
上手くいったならちゃんと報告して感謝の気持ちを伝えましょう。

紹介してもらった人には積極的に会う

毎月担当さんが何名か紹介をしてくれるシステムの結婚相談所は多いです。

担当アドバイザーとしては一生懸命いい人を探して、
お似合いの人を紹介したつもりなのに、
でも会員は気に入らないと言って会おうとしない。

これでは担当さんもやる気を失います。

紹介しても会おうとしない。
それどころか文句を言ってくる。「希望と全然違う!」

でも結婚相談所の紹介する人って、
その人と釣り合いの取れた相手であることがほとんど。
希望と違う人を紹介されるときは、自分の市場価値と希望に大きな開きがあるのです。

紹介された人とはなるべく会うようにしましょう。
そしてこのときも感謝の気持ちを。
会ってみたらすごくいい人でしたと担当アドバイザーに伝えてあげてください。
担当アドバイザーはそのために頑張ったのだから。

担当さんも同行して紹介してもらった人と会うこともあるでしょう。
そういう時でも相手の人と顔を合わせたときは嬉しそうな表情を見せましょう。

嫌な顔をされると担当さんはもう二度と紹介してやるかという気持ちになります。

有料オプションをいっぱい利用する

担当さんも人間です。
たくさんお金を稼ぎたいと思っています。

自分の会員が有料オプションをいっぱい使ってくれると、
担当アドバイザーの実績になります。

オーネットやツヴァイなどで有料オプションを使ってあげるのは
担当さんと仲良くなる上でとても有効です。

オーネットならコーディネートサービスやコンタクトサービス、
さらにオープンテラスなどいろいろな有料サービスがあります。
「オープンテラスに載せてみたら?」みたいにして担当さんに勧められたときに、
そのアドバイス通り使ってあげると、特に喜びます。

結婚相談所では、
金払いのいい客というのは当然ながら大事にします。

まとめ

これまでご紹介してきたとおり、
担当アドバイザーと仲良くなる方法は意外と単純です。

・愛想良く接する
・やる気を見せる
・自分から働きかける
・アドバイスを聞き入れる
・感謝の気持ちを表す
・紹介してもらった人には積極的に会う
・有料オプションを利用する

これらとは真逆の行動をしている人が多いので、
いくつか改善しただけでも担当アドバイザーとの関係はいい方向へと向かいます。


婚活ABC > 婚活スタートガイド > 結婚相談所の担当アドバイザー使いこなし講座