婚活スタートガイド
婚活ABC > 婚活スタートガイド > お見合い当日の流れ

お見合い当日の流れ - お店選びから会話のマナーまで

お見合いは最初の大きな関門。
ここをクリア出来ないとその先へ進めません。

2人だけで合う場合と、どちらかの担当仲人さんを交えて3人で会う場合があります。
結婚相談所を介したお見合いでは親などは同席しません。

仲人連盟型では仲人さんが付き添う場合が多く、
当日の服装からお店選びまで何でもアドバイスしてくれるので、
それほど困ることはないでしょう。

オーネットなどの大手相談所は自分たちで待ち合わせて自分たちだけで会うため、
いろいろと下調べが必要になってきます。

お見合い当日の服装

お見合いの服装はスーツ

男性はスーツ。
女性はそれに釣り合うような上品な感じの服装で。

ホテルのラウンジでお話をすることになるので、
その場に相応しい服装を。
女性なら少し落ち着いた感じのワンピースなどがいいでしょう。
何かの間違いで相手のご両親が同席していたとしても
失礼にならないぐらいの服装を心がけてください。

真夏でも男性はスーツ着用です。
女性は「上着を脱がれてはどうですか?」と一言気づかいを。
ホテル内とはいえ、それでもやはり暑いはずです。
「今日は暑いですね」など天気の話題は最初の方に必ずすると思うので、
そのタイミングで言ってあげると男性は救われます。

オーネットやツヴァイのお見合いはもう少しカジュアルなものなので、
男性もスーツではなく、ジャケット&ノーネクタイなどでも構いません。
女性もそれに合わせてもう少しカジュアルな感じで。

大きな手荷物などは持って行かないように。
何かの用事のついでにお見合いに来たようで、いい印象を与えません。
買い物をするならお見合いの後にしましょう。

お見合いの待ち合わせ場所

仲人連盟型の相談所ではお見合いの待ち合わせ場所はだいたい決まってます。
大型シティーホテルのフロントで待ち合わせて、そのままホテルの喫茶店へというのが一般的。

京王プラザホテル

銀座界隈なら帝国ホテルや丸の内ホテル。
新宿なら京王プラザホテル。
横浜ならベイシェラトンなど。

食事どきを避けて、待ち合わせの時間は午後2時ぐらいに設定。
この時間帯はお見合いのラッシュ時間でもあるので、
定番ホテルのラウンジなどは、お見合いの男女で非常に混み合ってます。

お話する時間は1時間~2時間ほど。
その日はそれで終了。
もし実際に会ってみて気が合わなかった場合を考えると、
食事や長時間のお見合いは負担が大きすぎます。

オーネットやツヴァイで活動している場合は仲人さんもいないので、
有名ホテルなどではなくて、渋谷のハチ公前などで待ち合わせて、
近くの小洒落たお店へ移動するのが普通です。

待ち合わせ場所で男性はちゃんと目立つ場所で堂々と立っているように。
物陰に隠れるように立っていたら女性は幻滅します。

最初に声を掛けるのも男性からです。
「すみません、○○さんですか?」
「はい、そうです。あ、△△さんですか?」
「はい、△△です。はじめまして。今日はわざわざありがとうございます」
「こちらこそありがとうございます。今日はよろしくお願いします」

こんなやり取りからお見合いはスタートします。
相手の仲人さんも来ていたら、
「○○です。よろしくお願いします」と仲人さんにも挨拶を。

お店に移動する時によくある失敗は歩く速度が早すぎること。
とくに恋愛経験の少ない男性はよくやってしまう失敗です。
女性はヒールの高い靴を履いていたりするので、
いつもよりゆっくり歩くようにして下さい。

もうひとつ注意する点は、行き先を告げてから移動を開始すること。
行き先も教えられずに「じゃあ行きましょうか」とスタスタ歩かれると、
女性としては「どこに行く気だよ」と不安になります。

「ラウンジが7階にあるので、エレベーターでそちらに移動しましょう」
こんな感じでちゃんと行き先を教えてから歩き始めましょう。

お店は落ち着けるところをセレクト

休日の午後1時~3時ぐらいはお見合いのラッシュ時間。

定番ホテルのラウンジはお見合いカップルでいっぱいです。
すぐには入れず順番待ちをしないといけないことも。

京王プラザホテルなどの大きな所はラウンジも複数あるので、
それほど心配はいりませんが、
中小のホテルを待ち合わせ場所に指定される場合もあります。

もし順番待ちが出るほどラウンジが混んでいるようなら、
ホテルを出て別の店へ向かった方がいいです。

このときの為に周辺で落ちけるお店を事前に調べておくとスムーズ。
当日になってあたりをウロウロという事態は避けないといけません。
そしてこれは男性側の仕事です。

待ち合わせ場所が決まったら、
男性は必ず予備のお店の下調べをして下さい。
こういう初歩的なところで躓かないように。
もったいないですよ。

お店の下調べなどをスマートにこなせてこそ結婚が見えてきます。

待ち合わせ場所というのは銀座・新宿・品川・池袋などだいたい決まっていて、
予備のお店を一度調べておけば次から何度も使えます。

スターバックスなどのカジュアルなお店ではなく、
少し高級なところの方が落ち着いて会話ができるからオススメ。
ホテルのラウンジと同じようにコーヒー一杯1,000円ぐらいするお店がいいでしょう。

例えば銀座ならこんな感じのお店を。
壹眞珈琲店
ロイヤルクリスタルカフェ

オーネットなどで活動している人ならこういう高級店ではなく、
普通のデート用のオシャレなお店でもいいです。

お店に入ったら

お店に入ったら必ず女性を奥の席、店内が見渡せる側の席(上座)に座らせます。
女性が座るまでは男性は立ったままでいましょう。

飲み物を注文するときも男性が女性の分もまとめて注文します。
仲人さんが同席する場合は仲人さんの分も含め、男性が一括で注文。
メニューを見る順番も男性が一番最後。
このとき何を注文するかであれこれ悩まないように。
喫茶店のメニューなんてどの店でもだいたい一緒ですよね。

店員を呼ぶ時は手を上げて合図します。
ホテルのラウンジで「すみませーん!」と大声を出したりしないように。

喫茶店の代金は男性持ちです。
伝票をテーブルに置いていくタイプの店なら、
男性は伝票が置かれたらすぐに自分の方へ少しだけ引き寄せてください。
相手の陣地に置かれた伝票を自分の陣地に移動させる感じです。
このとき伝票を見て合計金額などを確認するのはかっこ悪いので、
やらないように。
さり気なく自分の側に引き寄せましょう。
はじめから自分の側に伝票が置かれていた場合は、
触る必要はありません。

この時点で「ここの代金は僕が支払います」などと宣言するのは良くありません。
相手を恐縮させる可能性があるため、
口に出して明言しないのが一般的です。

会話時のマナー

会話を成功させる基本中の基本として、
まず相手のプロフィールをよく確認しておくこと。

仕事や趣味などをちゃんと暗記してからお見合いに臨みましょう。

仲人さんが同席しているなら、
最初は仲人さんが会話の流れを作ってくれます。
10分ぐらいして場が和むと仲人さんは帰っていきます。

聞かない方がいい質問というものもあります。

・これまでの恋愛経験
・結婚相談所での活動に関する質問

こういったことを尋ねるのはマナー違反です。

「前の彼氏とはなんで別れたの?」
「これまで何人とお見合いしたの?」
「あなたの結婚相談所の料金ってどれぐらい?」
会話に詰まって慌ててしまい、このようなよけいな質問をしないように。

会話以外でもマナー違反となる行為があります。

・連絡先を聞き出そうとする
・かかってきた電話に出る。メールを確認する。
・喫煙
・タメ口・馴れ馴れしい態度

常識のない人と思われたらもう次はありません。
充分注意が必要です。

支払い時のマナー

ラウンジの会計は男性が持つのがお見合いのルール。
お相手の女性の分はもちろん、付き添いの仲人さんも分も男性が負担します。

そろそろ帰る頃合いになったら、女性はお化粧直しにお手洗いへ行きましょう。
男性はその間に会計を済ませます。
ホテルのラウンジでもレジで支払う店とテーブルで支払う店があります。
他の客がどのように会計しているかを
男性はこのときまでにチェックして確認しておくといいです。

レジで支払う店なら席を立ち、レジで精算して席に戻っておきます。
テーブルで支払う店なら店員を呼んで席で精算。

女性が戻ってきたら支払いをもう済ませたことを伝えます。
女性の方は「いいんですか。ありがとうございます。ご馳走様でした」とお礼を。
中座している隙に支払う場合は奢る意思が明確なので、
「私の分はお幾らですか?」などのやり取りはしません。

帰る間際になっても女性がお手洗いに行かなかった。
あるいは、せっかく女性はお手洗いに立ったのに、
戻ってみると男性は会計を済ませていなかった。
そんな場合は女性同席の状況でテーブル会計、
あるいは二人でレジに向かい支払いを行うことになります。

そうなると女性も一応支払う素振りを見せないといけなくなり、
スマートではないので、出来ればこのパターンは避けたいところ。

二人でレジに向う場合は、会計は男性に任せて、
女性は出口付近の邪魔にならない所へ移動して待機。
会計が済んだら男性のエスコートで女性が先に店を出ます。
先に出るよううながされない場合は男性の後に出ましょう。

もしレジや出入り口付近が狭い店なら、出口付近で待つのではなく、
「外で待ってます」と一声掛けてから店の外で待機した方がいいです。

支払いが済み店の外に出たら、財布を出しならが「お幾らでしたか?」と尋ねます。
「あ、いいですよ。僕が出しますよ」
「でも・・・」
「今日はごちそうさせてください」
「いいんですか。ありがとうございます。ご馳走様でした。」

たとえコーヒー一杯だけだったとしても、
このような流れで男性に支払ってもらったお礼を必ず言いましょう。
奢ってもらってお礼を言わなかったら本当に致命傷になります。
フラれる確率100%の一番やってはいけない失敗です。

解散の仕方

初回のお見合いは1時間~2時間ぐらいが標準。
相手の人が思っていたような人でなかった場合でも、
最低1時間ぐらいはお話をしましょう。

「あ、もう結構な時間ですね。そろそろ出ましょうか」
頃合いを見計らってそんなふうに切り出します。
逆に相手からこの言葉が早々に出たら脈は薄いですね。

話が弾んで気づいたら2時間をオーバーという場合は期待大です。
「お時間大丈夫ですか?もし予定などがないなら、少し外を歩きませんか?」
こんな感じで誘ってみましょう。
脈のある相手なら時間をオーバーしてもマナー違反にはなりません。

ただしお店でそのまま3時間4時間というのはやめておきましょう。
公園を散歩したり、買い物をしたり、楽しい時間を一緒に過ごす感じで。


帰る方向が同じなら男性は女性を駅まで送っていきます。
方向が違うならお互いお礼を言ってから別れましょう。
女性は奢ってもらったお礼をこの別れ際にもう一度言います。

たとえ方向が同じでも、それ以上一緒にいたくないなら、
「私お手洗いに寄ってから帰りますので、ではこれで」
「少しお買い物をしてから帰ろうと思うので、ここで失礼します」
などと言って逃げます。


婚活ABC > 婚活スタートガイド > お見合い当日の流れ